横須賀の弁護士 さくら横須賀法律事務所 | 神奈川県弁護士会所属 横須賀中央駅徒歩5分

遺言に関する解決事例

事例1.寝たきりの方の遺言書を作成したケース

①ご相談内容

寝たきりのお父様を抱えたご長男様が相談に来られました。その相談内容は、両親に金銭的な迷惑をかけて、現在行方不明の二男がいるので、父親が、その二男に遺産を渡したくないが、何か良い方法はないかというものでした。
 

②解決方法

まずは、お父様の意向確認のため、小職が、寝たきりのお父様の元に、出張法律相談に伺いました。出張法律相談を実施したところ、お父様は寝たきりでしたが、意思疎通は十分に図ることが出来ました。そこで、お父様の意向を確認したところ、お父様は、全財産を長男に渡したいという意向を示されました。

当事務所の弁護士は、公正証書遺言書を作成することをお勧めし、その中で長男様に、全遺産を相続させること、二男様には遺産を渡さない旨(法律上は「廃除」といいます)記載することをお勧めしました。

その結果、お父様は公正証書遺言書を作成されましたが、二男様に遺産を渡さない旨の記載は残されませんでした。色々あっても、やはり二男を廃除するまでの気持ちにはなられなかったようです。
 
ただ、不安な気持ちはあったようで、当事務所の弁護士に、遺言執行者(これは、お父様が亡くなられた後、遺言書に沿って、亡くなられたお父様の気持ちを実現する職務です。)になること、遺言書を1通、当事務所で保管されることを希望されましたので、そのご希望はすべて叶えさせて頂きました。公正証書遺言書が作成された時点で、お父様も安心されたのか、ホッとされたご様子で、冗談も出てくるようになりました。


hutabana0001.png

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

※なお、現在は期間限定の無料法律相談は実施しておりません。

 

事務所紹介    弁護士紹介     弁護士費用       ■アクセス

copyright © 2010 sakura-yokosuka law office All Rights Reserved.