横須賀の弁護士 さくら横須賀法律事務所 | 神奈川県弁護士会所属 横須賀中央駅徒歩5分

さくら横須賀法律事務所 弁護士コラム


相続問題

大事な身内が亡くなったときに、発生するのが相続問題です。特に、遺言書がないケースなどは、大変です。私が関わったケースでも遺言書さえあればと思った事件が、多数ありました。遺言書の作成についても、弁護士は随時ご相談に応じているので、是非相談して頂ければ、相続問題を事前に防ぐことも出来ると思います。

また、大事な身内が亡くなり、困ったときは、弁護士、税理士などに、是非相談して頂ければと思います。一人の士業に相談すれば、その士業から、さらに適切な始業を紹介してもえるケースもあります(具体的には、弁護士に相談したところ、相続税の問題なので、税理士を紹介してもらえるケースです)。私が関わったケースでも、上記ルートで解決された事件が多数あります。

まだまだ敷居が高いかもしれませんが、市役所の無料相談でも構わないので、相続問題について、気軽に、弁護士に相談してもらえればと思います。なお、一般的には、弁護士は、30分5250円で法律相談を受け付けていると思います。  

 
借金の整理

最近新聞等で借金問題に関する記事を多く見かけるようになりました。特に、過払いに関する記事が多く目につきます。

過払いとは何か?

これは、多くの消費者金融が、利息制限法(10万円までは20%、100万までは18%、100万円以上は15%の利息しか取ってはいけないという法律)に違反する金利を取っているため、法律の規定に基づいて借金の金額を再計算をすると、消費者金融からお金を返してもらえるという話です。

今まで借金をして苦しんできた人は是非、弁護士などの専門化に相談することをお勧めします。返す借金が減るどころか、お金が返ってくるかもしれません。一昔前からすると考えられない時代になりました。

仮に過払いになっていなくても、民事再生法によって借金の金額を減らすことや自己破産によって借金をなくすことも可能です。

弁護士によっては、弁護士費用の分割払いに応じるところもあるので、借金問題でお困りの方は是非一度弁護士等の専門家に相談してみて下さい。   

 
弁護士への依頼の仕方

弁護士にどのようにすれば、依頼出来るのかとよく聞かれることがあります。弁護士とは不思議な生き物で、まずは相談を聞かないと受任するかどうかすら答えてくれません。

これは、法律問題じゃない依頼が多いいことや相談内容によっては受任出来ない事件(例えば専門外の事件であるとか、既に事件の相手から相談を受けている場合などが考えられる。)からです。

では、どのようにして、法律相談を受けるのでしょうか?

まずは、電話で予約をして、法律相談に行くのが一般的だと思います。法律相談費用としては、30分5250円が一般的でしょう。法律相談をした結果、ようやくその弁護士が受任するかどうかが分かります。

ここで重要なのが、相談者も受け身でいるだけではいけないということです。今後掛かる費用、解決までに予想される時間、解決の見通しについては絶対に聞いて下さい。折角依頼しても、想像以上に費用が掛かったり、解決まで時間が掛かったり、結果が希望と違っては依頼した意味がありません。個人的には、依頼する弁護士を決定するまでには、2・3人の弁護士に会って、金銭面も含めて一番自分に合う弁護士を見つけるのがいいと思います。


hutabana0001.png

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

※なお、現在は期間限定の無料法律相談は実施しておりません。

 

事務所紹介    弁護士紹介     弁護士費用       ■アクセス

copyright © 2010 sakura-yokosuka law office All Rights Reserved.